doidoi
おれすっげえこと発見しちゃったんだけど、「引き出し」の反対って「押し入れ」なんだな。
Twitter / @Opi (via slowleaner)
oooooooo:

おじいちゃんとおばあちゃん、都会へ行く | roomie(ルーミー)
NHKで「プロジェクトX」という人気番組があった。そこで紹介されるプロジェクトは、ほとんどすべてが突貫工事と長時間労働のドラマだった。視聴者に、あたかも、突貫工事と長時間労働こそが素晴らしい製品を生み出すかの誤解を与えるものであった。 あの番組を見て違和感を覚えたエンジニアは多いはずだ。私が駆け出しのエンジニアの頃上司から受けたアドバイスは、あのような番組を真に受けるなということだった。

第一段階として、午後8時半の全員退社を掲げた。「そんなの無理や」と従業員から一斉に声が上がったが、断行した。

 それには理由があった。1日の勤務状況を分析すると、帰宅時間に合わせて業務を進めている節があったのだ。「ゴール」を決めると、無駄な業務、時間を省いた仕事の進め方が浸透していき、1年半ほどで退社時間厳守を達成した。

 さらに前倒しに挑戦。午後7時半、7時と段階的に退社時刻を繰り上げた。隠れて残業する社員はいないかを知るため、導入したのが警備会社の防犯システム。最後に会社を出る社員が防犯システムをセットするので、最終退社時刻が分かるのだ。

 風土や制度も整えた。営業職が営業先から帰社する時刻を午後5時にした。「7時より前に戻ってきたら、仕事をしていないように思われるところがあった」という雰囲気を改めるためだ。

 また、新たにパート社員を雇い、正社員が担当していた伝票整理や商品の配送などを任せた。採用は全社で20人。「コストカットで人員は削減」という主流に“逆行”した施策だが、杉本社長は「コストアップとなったが、数字以上の価値はある」と話す。

 フルタイムは無理だがパートタイムでなら働きたいという主婦層を取り込み「会社、パートさんの両方にメリットがあった」という。4年ほどで6時半退社が行き渡った。

飛行機はちょうどツインタワーの上空を旋回する形でニューヨークに入っていくのですが、私はそのときの光景を決して忘れることができません。車や街頭の光がたくさん点滅し、きらきらと動いている夜のマンハッタンはとてもきれいなのですが、その中で、ツインタワーのあった一帯だけがまったく動くことない暗闇でした。それは生を印象づける光や動きに対して沈黙の停滞である死を浮き彫りにしていて、強烈な美的体験でした。
nobodyplace:

ねたたま : 失われた時を紡ぐもの - ライブドアブログ
nobodyplace:

ねたたま : ★【悲報】アルゼンチン代表の監督が死にそうな件 - ライブドアブログ
頭のいい人ほど、高度さをもとめて複雑なものを作ってしまいます。  
行動力のある人ほど、成長を追い求め物事を肥大化させてしまいます。  
優しい人ほど、あちらこちらの話を聞いて収集がつかなくなります。  
こだわりのある人ほど、細かい部分のブラッシュアップに気を取られます。  しかし、そうなればなるほど夢の現実性というものは、下がっていくことになるのです。  
優れた制約を設けましょう。  
「何を捨てて、何を手に入れるのか?」そんな厳しい取捨選択をせまるような優れた制約です。
最も現実的に 夢を「スモールスタート」する9つのコツ : earth in us. (via a2onaka) (via usaginobike) (via kyohei1989) (via 3000km) (via arma) (via suzukichiyo) (via chihanos) (via s-hsmt) (via hsmt) (via mxcxrxjapan) (via rev-tune)
2010-09-13 (via gkojax-text) (via ak47) (via 27s) (via riko) (via yagi) (via tra249) (via exposition) (via firebum) (via non117) (via happywing) (via tataraseitetsu) (via moon0101) (via skamio) (via kiri2) (via kotoripiyopiyo) (via motomocomo) (via patagonicus) (via shinoddddd) (via bgnori) (via atm09td) (via tatsutabank) (via aoba) (via mktxlikelog) (via jark-memo) (via poochin) (via itokonnyaku) (via giraffe-patterns) (via kskb) (via pcphr) (via akn8556) (via mugijiru) (via livedooor) (via xlheads) (via usaginobike) (via mekarauroko) (via shibats)
sickpage:

2.SOUVENIRS DE CRETEIL, 2014

sickpage:

2.
SOUVENIRS DE CRETEIL, 2014

fiore-rosso:

SANAA.
Rolex Learning Center
Lausanne, Switzerland